コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤衣 フジゴロモ

デジタル大辞泉の解説

ふじ‐ごろも〔ふぢ‐〕【藤衣】

藤づるの皮の繊維で織った粗末な衣服。ふじのころも。
「穂にもいでぬ山田をもると―稲葉の露にぬれぬ日ぞなき」〈古今・秋下〉
麻布で作った喪服。ふじのころも。
「―露けき秋の山びとは鹿のなく音(ね)に音(ね)をぞそへつる」〈・夕霧〉
序詞として用いて、織り目が粗い意から「間遠に」に、衣のなれる意から「馴れる」に、衣を織るの同音から「折れる」にそれぞれかかる。
「須磨の海人(あま)の塩焼き衣(きぬ)の―間遠にしあればいまだ着なれず」〈・四一三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふじぎぬ【藤衣】

ふじごろも【藤衣】

藤づるなどの繊維で織った織り目の粗い粗末な衣類。ふじのころも。序詞として、衣を織るということから「折れる」を、織り目の粗いことから「間遠に」を、衣がなれることから「なる」を導き出す。 「 -なれはすれどもいやめづらしも/万葉集 2971
麻で作った喪服。ふじのころも。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の藤衣の言及

【藤布】より

…木綿の伝わる中世末期までは植物性繊維として,アサ(麻)についで栲(たえ)などとともに庶民の間には広く行われていたと思われる。藤衣(ふじごろも)というのが公家(くげ)の服飾の中で喪服として用いられたが,これはもともと粗末なものを用いることをたてまえとする喪服が,庶民の衣服材料である麻布や藤布で作られたため,このように称したのであろう。近代には藤布はござの縁布として織られた。…

※「藤衣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

藤衣の関連キーワードスクロールフジバカマ打ち絶えて花山院長親横様の幸ひあらまし万葉植物浅ましい思ひ染む一人一人大島完来塩焼き衣荘・庄藤の袂后立ちふじ序詞増鏡喪服藤布

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android