藤衣(読み)フジゴロモ

  • ふじぎぬ ふぢ‥
  • ふじごろも ふぢ‥
  • ふじごろも〔ふぢ〕

デジタル大辞泉の解説

藤づるの皮の繊維で織った粗末な衣服。ふじのころも。
「穂にもいでぬ山田をもると―稲葉の露にぬれぬ日ぞなき」〈古今・秋下〉
麻布で作った喪服。ふじのころも。
「―露けき秋の山びとは鹿のなく音(ね)に音(ね)をぞそへつる」〈夕霧
序詞として用いて、織り目が粗い意から「間遠に」に、衣のなれる意から「馴れる」に、衣を織るの同音から「折れる」にそれぞれかかる。
「須磨の海人(あま)の塩焼き衣(きぬ)の―間遠にしあればいまだ着なれず」〈・四一三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

※天永元年右近衛中将師時山家五番歌合(1110)「網曳きする立石の蜑(あま)のふぢぎぬもなにによりてか袖は湿(ひ)づらむ〈藤原仲実〉」
〘名〙
① 藤や葛など、つる性の植物の皮の繊維で織った布の衣類。織目が荒く、肌(はだ)ざわりが固く、じょうぶではあるが粗末なもので、貧しい者の衣類とされていた。また、序詞として衣の織目の粗い意から「間遠に」、衣になれるという意から「なれる」、衣を織るという音から「折れる」をそれぞれ引き出す。藤の衣。
※万葉(8C後)三・四一三「須磨の海人の塩焼衣の藤服(ふぢころも)間遠にしあればいまだ着なれず」
② 喪服をいう。もと、①の衣服を喪服として用いたからであろうが、後、麻で作ったものをもいう。中古の例は、大部分が喪服をさしたものである。藤の衣。
※古今(905‐914)哀傷・八四一「ふぢ衣はつるるいとはわび人の涙の玉の緒とぞなりける〈壬生忠岑〉」
[補注]「安斎随筆」の房総志料に、「望陁布」として紫藤から作る衣類のことを述べ、樵などが着るとあるので、近世頃まで実際にあったと考えられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の藤衣の言及

【藤布】より

…木綿の伝わる中世末期までは植物性繊維として,アサ(麻)についで栲(たえ)などとともに庶民の間には広く行われていたと思われる。藤衣(ふじごろも)というのが公家(くげ)の服飾の中で喪服として用いられたが,これはもともと粗末なものを用いることをたてまえとする喪服が,庶民の衣服材料である麻布や藤布で作られたため,このように称したのであろう。近代には藤布はござの縁布として織られた。…

※「藤衣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android