コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

解剖顕微鏡 カイボウケンビキョウ

デジタル大辞泉の解説

かいぼう‐けんびきょう〔‐ケンビキヤウ〕【解剖顕微鏡】

解剖または解剖標本作成に用いられる顕微鏡。実体顕微鏡、または拡大鏡・支持台・照明装置を組み合わせた倍率10倍程度のものが多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

解剖顕微鏡【かいぼうけんびきょう】

解剖を行いやすくするための顕微鏡。手の操作を妨げぬよう,対物レンズと試料の間に十分な距離のあること,正立像であることが要求される。10〜20倍ぐらいのルーペを支持台に取り付けた簡単なものから,像を立体化するためにレンズ系を2組用いた双眼実体顕微鏡,さらにズームレンズを取り付けたものなどがある。
→関連項目人体解剖学

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android