拡大鏡(読み)かくだいきょう

百科事典マイペディアの解説

拡大鏡【かくだいきょう】

めがね,ルーペとも。物体の拡大された虚像(正立像)を見るため使う凸レンズ。倍率は明視の距離25cmを焦点距離で割った数で表される。5倍くらいまでは両凸の単レンズ,それ以上は色収差を補正した色消しタブレットを使う。
→関連項目明視距離

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

かくだいきょう【拡大鏡】

物体の拡大された正立像を見るための道具。多く、一個の凸レンズを用いる。虫めがね・ルーペなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かくだい‐きょう クヮクダイキャウ【拡大鏡】

〘名〙 物体を拡大して見る器具。普通は一個の凸レンズが使われる。むしめがね。ルーペ。
※湖畔手記(1924)〈葛西善蔵〉「何もかも皆己れと云ふ拡大鏡を透しての妄想と云ふものか知らん?」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の拡大鏡の言及

【レンズ】より

…英語のレンズのほか,ドイツ語のリンゼLinse,フランス語のランティーユlentilleとも共通のラテン語から派生している。 レンズの最初の用途は,太陽の光を集めて火をつける火とりガラスと拡大鏡であったと推測されている。前者についてはギリシアのアリストファネスの喜劇《雲》にその記述がある。…

※「拡大鏡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

拡大鏡の関連情報