コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

解熱・鎮痛薬中毒 げねつちんつうやくちゅうどく Antipyretics and Analgesics Poisoning

1件 の用語解説(解熱・鎮痛薬中毒の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

げねつちんつうやくちゅうどく【解熱・鎮痛薬中毒 Antipyretics and Analgesics Poisoning】

 体温をコントロールする体温調節中枢(たいおんちょうせつちゅうすう)と、痛みを感じる痛覚中枢(つうかくちゅうすう)は、脳の視床下部(ししょうかぶ)にあって、隣り合っています。このため、熱が出ると、その刺激が痛覚中枢に伝わり、頭痛などの痛みがおこることが少なくありません。
 そして、解熱薬(げねつやく)(熱冷まし)を使って熱を下げると、痛みも治まってきます。このために、多くの解熱薬は、鎮痛薬(ちんつうやく)の作用を兼ね備えていて、解熱・鎮痛薬のかたちになっています。
 解熱・鎮痛薬には、アニリン系、ピラゾロン系、サリチル酸系、インドメタシン類、フェナム酸類があります。
 これらは、非ステロイド抗炎症薬ともいいます。
 副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン薬(ステロイドホルモン薬)は、「炎症を確実に抑える(抗炎症作用)」ことが長所ですが、「重い副作用がおこりやすい」ことが欠点です。
 この副腎皮質ホルモン薬の長所を残し、欠点の少ない薬を目標に開発されたのが非ステロイド抗炎症薬です。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

解熱・鎮痛薬中毒の関連キーワード体温調節機能恒温動物体温発熱変温動物コントロール体温調節基礎体温計テレコントロールシステムバランスコントロール

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone