コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

解発因 かいはついんreleaser

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

解発因
かいはついん
releaser

英語でそのままリリーサーまたはレリーサとも呼ぶ。動物が社会行動をするとき,同じ仲間の特定の性質が,生れながらにしてある反応のもととなるような要因。たとえばある鳥のが,親鳥の黄色い嘴の下嘴にある赤い斑紋を見て口を開くような場合,この赤い斑紋が,この雛の餌をとる行動の解発因をなしているという。親鳥の警戒の声で雛が逃避するのも,解発因による行動の例である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

解発因の関連キーワードディスプレーエソロジー刷り込み攻撃行動解発刺激鍵刺激就巣性動因

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android