コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

触覚小体 ショッカクショウタイ

デジタル大辞泉の解説

しょっかく‐しょうたい〔シヨクカクセウタイ〕【触覚小体】

触覚を感知する受容体の一つ。皮膚真皮乳頭にあり、手足の指・手のひら・足の裏などに特に集中している。1852年にドイツの解剖学者ゲオルク=マイスナーが発見した。マイスナー小体

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の触覚小体の言及

【マイスネル小体】より

…手掌や足底の皮膚の浅層,すなわち表皮と真皮の境界部付近にある知覚神経の特殊終末装置。0.08mm×0.5mmほどの大きさで触覚を感受するもので,触覚小体ともよばれる。皮膚に分布する知覚神経繊維のうちでも太いほうに属する有髄性のAII型繊維の末梢部分と,これを5~10層に囲む層板状細胞群とが,この小体の主要構成要素である。…

※「触覚小体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

触覚小体の関連キーワードマイスネル小体神経終末器官皮膚感覚神経終末感覚

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android