触覚小体(読み)ショッカクショウタイ

  • しょっかくしょうたい〔シヨクカクセウタイ〕

世界大百科事典内の触覚小体の言及

【マイスネル小体】より

…手掌や足底の皮膚の浅層,すなわち表皮と真皮の境界部付近にある知覚神経の特殊終末装置。0.08mm×0.5mmほどの大きさで触覚を感受するもので,触覚小体ともよばれる。皮膚に分布する知覚神経繊維のうちでも太いほうに属する有髄性のAII型繊維の末梢部分と,これを5~10層に囲む層板状細胞群とが,この小体の主要構成要素である。…

※「触覚小体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android