コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

触覚小体 ショッカクショウタイ

1件 の用語解説(触覚小体の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょっかく‐しょうたい〔シヨクカクセウタイ〕【触覚小体】

触覚を感知する受容体の一つ。皮膚の真皮乳頭にあり、手足の指・手のひら・足の裏などに特に集中している。1852年にドイツの解剖学者ゲオルクマイスナーが発見した。マイスナー小体

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の触覚小体の言及

【マイスネル小体】より

…手掌や足底の皮膚の浅層,すなわち表皮と真皮の境界部付近にある知覚神経の特殊終末装置。0.08mm×0.5mmほどの大きさで触覚を感受するもので,触覚小体ともよばれる。皮膚に分布する知覚神経繊維のうちでも太いほうに属する有髄性のAII型繊維の末梢部分と,これを5~10層に囲む層板状細胞群とが,この小体の主要構成要素である。…

※「触覚小体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone