言(い)捨て(読み)イイステ

デジタル大辞泉の解説

いい‐すて〔いひ‐〕【言(い)捨て】

《「いいずて」とも》
言い捨てること。また、言い捨てた言葉。言いっぱなし。「言い捨てにして立ち去る」
連歌・俳諧で、句を懐紙に書き留めないで詠み捨てること。また、その座興の句。
「只今は連歌の―をしたと見えたが」〈虎明狂・大黒連歌
2の誤用》点取り俳諧に対して、点取りをしない俳諧のこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android