座興(読み)ざきょう

精選版 日本国語大辞典「座興」の解説

ざ‐きょう【座興】

〘名〙
① その場かぎりの戯れごと。ちょっとしたじょうだん。
※幸若・和田宴(室町末‐近世初)「ざけうながら じつにちからのほどをもためさばやと思ひ」
② 宴会などの集まりで、を添えるための歌舞音曲などの遊び。
名語記(1275)四「祝言の座興にて、その疑難なくやみにけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android