言葉数(読み)コトバカズ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 しゃべることばの多少、回数。くちかず。
※浮世草子・新色五巻書(1698)二「思ひの外胸当ての違い、こちが仕方の悪敷、聞づらき言葉(コトバ)かずの積もりて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android