コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

言語活動 ゲンゴカツドウ

デジタル大辞泉の解説

げんご‐かつどう〔‐クワツドウ〕【言語活動】

音声や文字を使って表現し、またそれを受け止めて理解する行動一般。言語を話したり聞いたり、書いたり読んだりする人間の活動。→言語
ランガージュ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

言語活動

自由討論などを通して自分の考えを述べたり、他人意見を聞いたりする取り組みで、思考力判断力表現力育成に必要な重要項目として、新学習指導要領に盛り込まれた。国語だけでなく、各教科で取り入れることが必要とされている。

(2012-11-21 朝日新聞 朝刊 秋田全県 2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

大辞林 第三版の解説

げんごかつどう【言語活動】

言語を話したり書いたり、あるいは聞いて、または読んで了解したりする、人間の行動一般。
〔ソシュールの言語理論を翻訳する際に小林英夫の用いた語〕 「ランガージュ(フランス langage)」の訳語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の言語活動の言及

【言語教育】より

…これに対し狭義で用いられる場合は,上述の教育のうちのある特定の部分だけが指示される。われわれが常識的に言語(ことば)といっているもののなかには,文法や語法,文字,発音,語彙など客観的な体系や慣習として存在している部分と,話す,書くなどの行為・活動に属する部分が含まれているが,これをきちんと区別して,前者を〈言語〉,後者を〈言語活動〉と呼び,このうち前者の〈言語〉の知識を獲得させる教育の部分をとりたてて〈言語教育〉という場合がそれにあたる。文字の指導,文法の説明などがその内容になるが,混乱を避けるためここでは狭義の〈言語教育〉を〈言語の教育〉と呼び,〈言語教育〉ということばを広義で用いることにする。…

※「言語活動」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

言語活動の関連キーワードバイイ(Charles Bally)ランガージュ/ラング/パロール新学習指導要領と新聞の活用新学習指導要領と新聞活用コーパス(corpus)音読暗唱ブックひまわりクリスチャン メッツE. バンブニストルロワグーランホモロクエンスパフォーマンスlangageコンペテンスガードナー人類生態学ひとりごと言語過程説シチェルバ計算言語学象徴人類学

今日のキーワード

フェイクニュース大賞

第45代米国大統領のドナルド・トランプが、自らについての報道の中で事実と異なる不公平な報道をしたと主張する、2017年のニュースに贈った賞。18年1月17日に自身のTwitterで発表し、共和党のウェ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

言語活動の関連情報