言語系統樹説(読み)げんごけいとうじゅせつ(英語表記)pedigree theory; Stammbaumtheorie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

言語系統樹説
げんごけいとうじゅせつ
pedigree theory; Stammbaumtheorie

ドイツの言語学者 A.シュライヒャーの提唱した説。言語が,単一の祖語から次第に枝分れして下位言語が生れると説く。シュライヒャーの考えの根底には,言語が人間の意思から独立した有機体のようなもので,それ自身人間の意思とは関係なく進化するものである,という思想がある。しかし,言語の発達は系統樹説だけでは不十分で,言語波動説と相補しながら説明されねばならない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android