コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

言語系統樹説 げんごけいとうじゅせつpedigree theory; Stammbaumtheorie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

言語系統樹説
げんごけいとうじゅせつ
pedigree theory; Stammbaumtheorie

ドイツの言語学者 A.シュライヒャーの提唱した説。言語が,単一の祖語から次第に枝分れして下位言語が生れると説く。シュライヒャーの考えの根底には,言語が人間の意思から独立した有機体のようなもので,それ自身人間の意思とは関係なく進化するものである,という思想がある。しかし,言語の発達は系統樹説だけでは不十分で,言語波動説と相補しながら説明されねばならない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

言語系統樹説の関連キーワードシュミット

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android