有機体(読み)ユウキタイ

大辞林 第三版の解説

ゆうきたい【有機体】

生命現象をもっている個体、つまり生物。有機体においては各部分が互いに関係をもつとともに全体との間に内面的な必然的連関をもち、単なる部分の寄せ集めではない一つの統一体をつくる。広義には、こうした有機体の本質に類比させて社会・国家・民族をもいう。 〔organism; organic body の訳語〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ゆうき‐たい イウキ‥【有機体】

〘名〙
① 有機物からなり、生活機能をもつ組織体。生物体を他の物質系から区別していう語。〔附音挿図英和字彙(1873)〕
② 多くの構成メンバー、構成要素からなり、それらが互いに関連し依存しあうことで成り立っている組織。
※将来之日本(1886)〈徳富蘇峰〉九「それ国家は人民を以て組織したる一大有機体なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

有機体の関連情報