コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

記内派 きないは

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

記内派
きないは

江戸時代初期~末期の金工彫物師の一流派。越前に住む。初代は石川氏 (?~1681) で越前康継 (やすつぐ) など越前刀工の作刀に彫刻を施し,「木内」または「喜内」とも銘を切る。2代は高橋氏 (?~96) で透かし鐔 (つば) の作品が多い。以下7代まで続きおもに鐔を作る。鐔工としては4代記内 (?~1809) が名工。この派は鉄鐔に竜文を施し,また馬具などに肉彫 (ししぼり) 透かしをするのを特色とした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android