記号消費(読み)きごうしょうひ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

記号消費
きごうしょうひ

デザイン,形状,ブランドネーム,色,容器などによって表象された感覚性や,イメージの作用によって形成された製品価値に基づく消費を指す。 J.ボードリヤールは,物的飽和化・成熟化の中で,消費対象としての製品の価値は,その品質,性能,機能といった有用性によって形成される価値よりも,製品に付与された意味の記号性によって形成された価値によって判断されるようになっている,という。面白いブランドネームやユニークなデザインを持った製品がヒットしているのは,記号的価値が消費において重視されるようになった現れである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

記号消費の関連情報