コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

記誦 キショウ

デジタル大辞泉の解説

き‐しょう【記×誦】

[名](スル)
記憶しておいて、そらで唱えること。暗唱。
「今もなお―せるものが数十ある」〈中島敦山月記
暗記して唱えるだけで、理解したり実践したりはしないこと。「記誦

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きしょう【記誦】

( 名 ) スル
記憶してとなえること。そらんじること。 「今も尚-せる/山月記
そらんじるばかりで、これを理解することに努めず、また実践しないこと。 「 -詞章の学に非るを以て/童子問」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

記誦の関連キーワード朱子学派口承文芸童子問

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android