コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山月記 さんげつき

大辞林 第三版の解説

さんげつき【山月記】

小説。中島敦作。1942年(昭和17)「文学界」に発表。唐代の伝奇「人虎伝」に取材、狷介けんかいさと自尊心の強さゆえに虎に変身した李徴を描く。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さんげつき【山月記】

中島敦の短編小説。昭和17年(1942)、「文学界」誌に掲載。同時に掲載された「文字禍」とともに、著者の作家デビュー作品。中国、代の伝奇物語「人虎伝」を題材とする。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山月記
さんげつき

中島敦(あつし)の短編小説。『文学界』1942年(昭和17)2月号に、短編『文字禍』とともに『古譚(こたん)』という総題の下に載る。同年7月、筑摩(ちくま)書房刊『光と風と夢』に収録。中島敦のデビューを告げる作品。原稿では前記2編のほか『狐憑(きつねつき)』『木乃伊(みいら)』をあわせ全4編で『古譚』を形成。ともに古代世界を舞台とし、尋常ならぬできごとが展開する短編である。芥川龍之介(あくたがわりゅうのすけ)の再来という評もあった。ことに『山月記』は、中国唐代の伝奇『人虎伝(じんこでん)』を素材として、「詩をつくること」にとらわれてしまった人間李徴の劇的な運命を、虎(とら)と化しながらなお人間の心をもつという臨界状況の下に描く佳作である。[佐々木充]
『『李陵・山月記』(新潮文庫) ▽『李陵・弟子・山月記』(旺文社文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

山月記の関連キーワード観世 銕之丞(8代目)光と風と夢進藤 純孝恩幸・恩倖畏怖嫌厭中島 敦白露意趣記誦繁い李陵異類峭刻郷党飢凍暁角道途伝録卓逸虎榜

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山月記の関連情報