コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中島敦 なかじまあつし

7件 の用語解説(中島敦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中島敦
なかじまあつし

[生]1909.5.5. 東京
[没]1942.12.4. 東京
小説家。漢学,中国文学に造詣の深い儒学の家に生れ,1933年東京大学国文学科卒業。『中央公論』の公募に応じた『虎狩』 (1934) や,代表作『山月記』を含む『古譚』 (42) ,『光と風と夢』 (42) で作家としての地位を確立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なかじま‐あつし【中島敦】

[1909~1942]小説家。東京の生まれ。中国の史実・古典に題材を求めた作品を書いたが夭折(ようせつ)、死後再評価された。作「李陵(りりょう)」「山月記」「光と風と夢」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

中島敦【なかじまあつし】

小説家。東京生れ。東大国文卒。祖父をはじめ,身内に漢学者,中国学者が多い環境に育った。1942年《文学界》に発表した《古譚》(《山月記》と《文字禍》の2編)《光と風と夢》等で認められたが,数え年34歳で喘息のため没した。
→関連項目李陵

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中島敦 なかじま-あつし

1909-1942 昭和時代前期の小説家。
明治42年5月5日生まれ。漢学者中島撫山(ぶざん)の孫。昭和8年横浜高女の教師となる。持病の喘息(ぜんそく)にくるしみながら創作にはげむ。16年南洋庁国語教科書編集書記としてパラオに赴任。17年帰国。このころから「山月記」「光と風と夢」がみとめられるが,同年12月4日死去。34歳。遺稿に「李陵」がある。東京出身。東京帝大卒。
【格言など】人生は何事もなさぬにはあまりに長いが,何事かをなすにはあまりに短い(「山月記」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

なかじまあつし【中島敦】

1909‐42(明治42‐昭和17)
小説家。東京生れ。東大国文科卒。祖父は漢学者中島撫山,伯父にも漢学者が多く,父は中学の漢文教師。1933年横浜高等女学校の教師となり,かたわら作家を志して習作にはげんだ。持病の喘息悪化のため,転地療養を兼ねて41年パラオの南洋庁に赴任するが,健康を害して翌年帰京。唐代の伝奇《人虎伝》を素材にした《山月記》が深田久弥の推挽で42年2月の《文学界》に掲載されて文壇にデビュー。同年5月発表の《光と風と夢》も好評で以後創作に専念。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

なかじまあつし【中島敦】

1909~1942) 小説家。東京生まれ。東大卒。「古譚」「光と風と夢」でデビュー、その年喘息のため早逝。死後「李陵」「弟子」などが発表され、古譚や歴史を借りて近代知識人の苦悩を鋭く分析した才能が評価された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中島敦
なかじまあつし
(1909―1942)

小説家。明治42年5月5日、東京に生まれる。中島家は、乗物師の名家として代々日本橋新乗物町(現日本橋堀留町)に住んだ。祖父の代から学問を志し、従祖父、伯叔父、父と、みな漢学に生きた。一高を経て、1933年(昭和8)東京帝国大学国文科卒業。大学院在籍のまま私立横浜高女の教師となる。中学時代から小説を書いたが、孤独をよしとする生活を貫いたため、世に知られる機会を得られなかった。41年南洋庁の教科書編集書記としてパラオへ赴任、彫刻家・民俗研究家の土方久功(ひじかたひさかつ)と知る。出発前深田久弥(きゅうや)に託した原稿が深田によって『文学界』に載り(42年2月号に『山月記』と『文字禍』)、初めて有才の新人として処遇される。42年3月帰京、作家としてたつ決意をし、『悟浄出世』(1942)、『弟子』『李陵(りりょう)』(ともに1943)を書き、7月『光と風と夢』、11月『南島譚』を刊行するが、12月4日持病喘息(ぜんそく)によって死去。多磨墓地に葬られる。第二次世界大戦下文学の清冽(せいれつ)な一脈である。横浜高女旧校地に文学碑、日大法学部図書館に中島敦文庫がある。[佐々木充]
『『中島敦全集』全三巻(1976・筑摩書房) ▽佐々木充著『中島敦』(1968・桜楓社) ▽中村光夫他編『中島敦研究』(1978・筑摩書房) ▽佐々木充著『中島敦の文学』(1973・桜楓社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の中島敦の言及

【スティーブンソン】より

…子どものころから文章作法の修業に努めただけあって,彼の文体は模範的といわれる。彼の作品は日本でも愛読されているが,小説家中島敦はとくに彼を愛し,《光と風と夢》(1942)という伝記を書いている。【小池 滋】。…

※「中島敦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中島敦の関連キーワード前田曙山浜尾四郎矢田津世子井手訶六川田功菅忠雄津村京村寺尾幸夫中戸川吉二松永延造

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中島敦の関連情報