コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

記里鼓車 きりこしゃ jì lǐ gǔ chē

1件 の用語解説(記里鼓車の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きりこしゃ【記里鼓車 jì lǐ gǔ chē】

中国,晋王朝(265‐420)以来,皇帝が外出するときの行列に加えられた車の一つで,車の回転数により走行距離を測る装置である。車上に木製の人形がおり,1里を行くごとに太鼓を打ちならした。西暦前1世紀末に書かれたローマウィトルウィウス《建築十書》に書かれた〈行程車〉や江戸時代伊能忠敬が測量に使用した〈量程車〉はいずれも同じ原理であるが,両者はいずれも歯車仕掛けで車輪の回転数を読みとるもので,太鼓や木製の人形などはない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

記里鼓車の関連キーワード始皇帝司馬睿司馬炎南朝劉裕阿骨打王朝太宗南宋チャクリ王朝

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone