コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

許勢稲持 こせの いなもち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

許勢稲持 こせの-いなもち

?-? 6世紀中ごろの官吏。
欽明(きんめい)天皇元年(540)大伴金村(おおともの-かなむら),物部尾輿(もののべの-おこし)とともに難波祝津(なにわのはふりつ)宮への行幸にしたがい,対新羅(しらぎ)(朝鮮)政策について諮問をうけた。名は稲茂とも。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

許勢稲持の関連キーワード官吏

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android