コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物部尾輿 もののべのおこし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

物部尾輿
もののべのおこし

古代の豪族欽明天皇のとき大伴金村と並んで大連 (おおむらじ) となり,金村が任那4県を百済に割譲した失政を追及して失脚させ,この頃台頭した新興貴族の大臣蘇我稲目と対立した。欽明 13 (552) 年に百済の聖明王仏像経論を貢献して,仏教の流通をすすめると,中臣鎌子 (→藤原鎌足 ) と排仏を主張し,崇仏派の稲目と争った。おりしも諸国に疫病が流行したため,尾輿はこれを崇仏に対する国神の怒りとして寺を焼き仏像を難波堀江に捨てた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

物部尾輿【もののべのおこし】

《日本書紀》にみえる人名。物部荒山の子,物部守屋(もりや)の父。欽明天皇の時代に大連(おおむらじ)となり,任那(みまな)問題の失政をついて大連大伴金村(おおとものかなむら)を失脚させた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

物部尾輿 もののべの-おこし

?-? 6世紀の豪族。
物部目(め)の孫。物部守屋の父。宣化,欽明朝の大連(おおむらじ)。欽明天皇元年(540)天皇の新羅(しらぎ)(朝鮮)対策の諮問にたいし,任那(みまな)4県を百済(くだら)(朝鮮)へゆずった害をのべて大伴金村を失脚させる。13年仏教が伝来したとき,排仏を主張して蘇我稲目(そがの-いなめ)に対抗したという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

物部尾輿

生年:生没年不詳
6世紀前半の有力豪族。物部荒山の子。弓削氏の祖, 倭古連の娘阿佐姫との間に守屋をもうけた。宣化1(536)年7月,大連物部麁鹿火の死後,大連の職位を受け継いだ。これにより,大連位は麁鹿火系から尾輿の系統に移った。欽明1(540)年9月,同じ大連の大伴金村が,百済から賄賂を受け,任那4県を割譲したことを追及,彼を隠退に追い込んだ。同13年,百済の聖明王から仏像,経論がもたらされると,中臣鎌子と共に,蕃神礼拝が国つ神のたたりをまねくと断じ,その受容に反対,仏教に強く関心を示す大臣蘇我稲目と厳しく対立した。その後,疫病が大流行すると,その原因が仏教信仰に対する国つ神の怒りにあると称え,仏像をみずから難波の堀江に廃棄したという。この仏教受容をめぐる蘇我と物部の確執の所伝は,物部氏も仏教寺院(八尾市にある渋川廃寺)を営んでいたので,史実とは認めがたいといわれている。

(遠山美都男)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

もののべのおこし【物部尾輿】

大和国家の大連(おおむらじ)。生没年不詳。物部荒山の子,守屋の父。6世紀中葉の欽明朝に,大伴金村とともに大連となった。就任後まもなく,天皇の諮問に対して,軽々に新羅遠征の軍をおこすべきでなく,さきの512年の任那四県の割譲問題は新羅を怒らせた失政と述べて大伴金村を失脚させたが,このあと大臣(おおおみ)蘇我稲目(いなめ)との対立を深めた。とくに《日本書紀》では欽明13年のことであったというが,百済の聖明王が初めて金銅釈迦仏像と経論などを送って仏法をひろめることをすすめてきたとき,天皇はその可否を群臣に問うたが,尾輿は強くこれに反対したという。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

もののべのおこし【物部尾輿】

六世紀中頃、欽明天皇の大連おおむらじ。守屋の父。大伴金村の朝鮮政策の失敗を責めて、これを引退に追い込み、また仏教信仰の受容をめぐって新興氏族の蘇我稲目そがのいなめと対立、排仏を主張したという。生没年未詳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

物部尾輿
もののべのおこし

生没年不詳。欽明(きんめい)朝の大連(おおむらじ)。守屋(もりや)の父。欽明天皇の即位とともに大連に任じられたが、その元年(540)には天皇の諮問に答えて新羅(しらぎ)を軽々に討つべきでないこと、大連大伴金村(おおとものかなむら)がたやすく任那(みまな)四県を百済(くだら)に譲ったため新羅の怨(うら)みは年久しいこと、などを奏聞し、金村を隠退に追い込んだ。欽明天皇13年(552)の仏教公伝に際し、天皇は礼仏の可否を群臣に問うたが、彼は大臣蘇我稲目(おおおみそがのいなめ)に反対し、中臣鎌子(なかとみのかまこ)とともに断固排斥すべきことを主張した。これを機に蘇我・物部両氏の権力争いはいっそう熾烈(しれつ)となり、次代の馬子(うまこ)・守屋時代まで持ち越された。子の守屋が敏達(びだつ)朝に大連となっているから、尾輿は欽明朝に没したのであろう。[黛 弘道]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の物部尾輿の言及

【物部氏】より

…古代の有力氏族。姓(かばね)は連(むらじ)で,軍事・警察のことをつかさどる物部伴造(とものみやつこ)。造(みやつこ),首(おびと)などの姓をもつ配下を従え〈物部八十氏〉とも称された。祖神を饒速日(にぎはやひ)命と伝え,布都御魂(ふつのみたま)をまつる石上(いそのかみ)神宮を氏神社とする。物部氏が軍事・警察の任務についていたことを示す伝承には,(1)雄略天皇13年3月,物部目大連が采女(うねめ)を奸した歯田根命の罪を責める任務を命じられたこと,(2)雄略天皇18年8月,物部菟代(うしろ)宿禰と物部目連が伊勢の朝日郎(あさけのいらつこ)を征討したこと,(3)継体天皇9年2月,物部至至(ちち)連が百済に遣わされ水軍500を率いて帯沙江(たさのえ)に至ったこと,(4)継体天皇22年11月,大将軍の物部大連麁鹿火(あらかび)が筑紫国造磐井と交戦して平定したこと,などがある。…

※「物部尾輿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

物部尾輿の関連キーワード布都姫夫人物部贄子許勢稲持大伴氏

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

物部尾輿の関連情報