診断用医薬品(読み)しんだんよういやくひん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

診断用医薬品
しんだんよういやくひん

疾病の診断や臓器の機能を調べる目的で用いられる医薬品。生体に直接投与して、その反応から判断するものと、血液や尿など検査材料を用いて行う検査用試薬がある。前者の例としては次のようなものがある。(1)消化機能検査 塩酸ベタゾール(「ヒスチミン」)、テトラガストリン、ペンタガストリン、(2)肝機能検査 スルホブロモフタレインナトリウム、インドシアニングリーン、(3)腎(じん)機能検査 インジゴカルミン、フェノールスルホンフタレイン、パラアミノ馬尿酸ナトリウム、(4)膵(すい)機能検査 セルレイン、セクレチン、パンクレオザイミン、(5)脳下垂体機能検査 メチラポン、酢酸ゴナドレリン、プロチレリン、(6)その他 メシルフェントラミン、グルカゴン、フルオレセインナトリウム、ベンチロミド、塩酸‐L‐アルギニンなど。X線造影剤も診断用であり、放射性医薬品の多くがこの目的で使用される。ツベルクリンなどの生物学的製剤も診断用医薬品である。後者の例には、各種の一般検査用試薬、血液検査用試薬、生化学的検査用試薬などがあげられる。[幸保文治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

渋谷フクラス

東京・渋谷の道玄坂エリアに建設される、商業施設とオフィスからなる新複合施設。東急グループが進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトの一環として、2015年に閉館した商業施設「東急プラザ渋谷」の跡地を含む一帯...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

診断用医薬品の関連情報