コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

証券資本主義 しょうけんしほんしゅぎsecurities capitalism; Effektenkapitalismus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

証券資本主義
しょうけんしほんしゅぎ
securities capitalism; Effektenkapitalismus

資本が証券化され,資本に流動性と代替性が与えられた高度の資本主義体制をいう。ドイツの経済学者 R.リーフマンが,一般投資を目的として証券代位を行う持株会社などの出現をもって独占資本主義段階の指標とし,資本主義の同段階を特徴づける用語として『企業形態論』 (1912) で用いたもの。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

証券資本主義の関連キーワードロベルト リーフマン

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android