証拠立(読み)しょうこだて

精選版 日本国語大辞典の解説

しょうこ‐だて【証拠立】

〘名〙 根拠となる証拠を挙げて証明すること。
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉二「と云ってその証拠立の為めにか、胸で妙な間投詞を発して聞かせた」

しょうこ‐だ・てる【証拠立】

〘他タ下一〙 しょうこだ・つ 〘他タ下二〙 証拠を示す。証明する。あかしをたてる。
※武蔵野(1887)〈山田美妙〉上「ところどころに残って居る血痕が持主の軍馴れたのを証拠立てて居る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android