コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詞綜 しそうCi-zong

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

詞綜
しそう
Ci-zong

中国の選集。清の朱彝尊 (しゅいそん) の編。 34巻。編者が,当時宋詞の選集として最も広く読まれていた『草堂詩余』が南宋初期の編纂のもので,それ以後の作品を欠いていることにあきたらず,友人の汪森の協力を得て新しい詞の典範として編んだもの。「雅正」を最も尊び,小令 (短い詞) は北宋以前,慢詞 (長い詞) は南宋を重視するという立場から,唐,宋,金,元の詞家五百余人の詞 2254首を収める。それぞれの別集および諸選集から選んだほか,随筆,筆記の類からも採録しているので,他書にみえない作品も多く,また姓名,経歴,出身地などについても詳しく考証して誤りを正してあり,選択も厳正で,詞の選集として最も重要な書の一つ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android