コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朱彝尊 しゅいそん Zhu Yi-zun

5件 の用語解説(朱彝尊の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朱彝尊
しゅいそん
Zhu Yi-zun

[生]崇禎2(1629)
[没]康煕48(1709)
中国,清の文学者。浙江省秀水 (嘉興県) の人。字,錫鬯 (しゃくちょう) 。号,竹だ (ちくだ) 。初め仕官せず各地を遍歴しつつ学問に励み,のち翰林院検討として『明史』編纂に従事,康煕 31 (1692) 年辞職して帰郷し,余生を著述と自適とに過した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐いそん【朱彝尊】

[1629~1709]中国、初の文学者・考証学者。秀水(浙江(せっこう)省)の人。字(あざな)は錫鬯(せきちょう)。号は竹坨(ちくだ)。経学と史学の考証に通じ、「明史」の編纂(へんさん)に参加。著「経義考」「曝(ばく)書亭集」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

朱彝尊【しゅいそん】

中国,清初の学者,詩人。1679年博学鴻詞科に挙げられ,翰林院検討に任官,《明史》の編纂(へんさん)に参画,92年退官。学者として《経義考》300巻で経書に関する諸説,沿革等を記述した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しゅいそん【朱彝尊 Zhū Yí zūn】

1629‐1709
中国,清初の学者,詩人。字は錫鬯(せきちよう),号は竹垞(ちくだ)。浙江省秀水(嘉興県)の人。若くしてその詩は呉偉業,王士禎に賞せられ,学問は顧炎武,閻若璩らの敬意を受けている。広東をはじめ全土に及ぶ旅行にも《十三経》《廿一史》をたずさえ,著述に努めた。51歳の1679年(康熙18)に行われた博学鴻詞科に挙げられ,翰林院検討として《明史》の編纂に参与し,ついで日講起居注官,江南郷試の副考官を務め,61歳で致仕して著述に専念した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

朱彝尊
しゅいそん
(1629―1709)

中国、明(みん)末清(しん)初の文人、学者。字(あざな)は錫鬯(せきちょう)。号は竹(ちくだ)。16歳で明の滅亡にあい、以後清朝に仕えず、在野の学者、詩人として名が高かったが、康煕帝(こうきてい)が知識人懐柔策として博学鴻詞(こうし)科を設けた際、51歳で召しに応じて翰林院(かんりんいん)に入り明史編纂(へんさん)官に任ぜられたことは有名。まもなく官を辞し、以後郷里で著述に専心。『経義(けいぎ)考』300巻その他を著す。詩、文ともに当代一流の名あり、広い学力を駆使した詩は王士禎(おうしてい)と並び称され、詞は南宋(なんそう)を尊び浙西(せっせい)派の祖とされる。『曝書亭(ばくしょてい)集』80巻。編著に『明詩綜(みんしそう)』『詞綜』など。[伊藤虎丸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の朱彝尊の言及

【金石学】より

…宋の石刻の学は,北宋末の趙明誠《金石録》30巻,南宋洪适(こうかつ)の《隷釈》27巻,《隷続》21巻と続く。金文と同様に研究の次の頂点は清代で,顧炎武《金石文字記》6巻,朱彝尊(しゆいそん)《金石文字跋尾》6巻がその口火を切った。 石刻研究は,石刻と歴史文献との差異を考証する方向と,文字を書法,芸術作品として扱う方向に大別される。…

※「朱彝尊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

朱彝尊の関連キーワード唐熊胡渭孔尚任徐乾学銭謙益梅清陸隴其遺民画家セキチューカード朱鶴齢

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone