コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朱彝尊 しゅいそんZhu Yi-zun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朱彝尊
しゅいそん
Zhu Yi-zun

[生]崇禎2(1629)
[没]康煕48(1709)
中国,清の文学者。浙江省秀水 (嘉興県) の人。字,錫鬯 (しゃくちょう) 。号,竹だ (ちくだ) 。初め仕官せず各地を遍歴しつつ学問に励み,のち翰林院検討として『明史』編纂に従事,康煕 31 (1692) 年辞職して帰郷し,余生を著述と自適とに過した。大著『経義考』 (300巻) は,歴代の経書の沿革存亡を記したもの。詩は気骨ある風格で,長編の佳作があり,王士禎と「南朱北王」と並称された。詞は南宋の姜 夔 (きょうき) ,張炎を宗とすべきことを説き,『詞綜』を編んで新しい詞の指針とした。いわゆる浙西詞派の祖であり,巧みな修辞と用典で,詠物詞にすぐれ,陽羨派の陳維 崧 (ちんいすう) の詞と合刻した『朱陳村詞』は当時広く流布した。詩文集『曝書亭 (ばくしょてい) 集』 (80巻) のほか,北京の歴史,地理を記した『日下旧聞』,明詩の選集『明詩綜』などの編著がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐いそん【朱彝尊】

[1629~1709]中国、初の文学者・考証学者。秀水(浙江(せっこう)省)の人。字(あざな)は錫鬯(せきちょう)。号は竹坨(ちくだ)。経学と史学の考証に通じ、「明史」の編纂(へんさん)に参加。著「経義考」「曝(ばく)書亭集」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

朱彝尊【しゅいそん】

中国,清初の学者,詩人。1679年博学鴻詞科に挙げられ,翰林院検討に任官,《明史》の編纂(へんさん)に参画,92年退官。学者として《経義考》300巻で経書に関する諸説,沿革等を記述した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅいそん【朱彝尊 Zhū Yí zūn】

1629‐1709
中国,清初の学者,詩人。字は錫鬯(せきちよう),号は竹垞(ちくだ)。浙江省秀水(嘉興県)の人。若くしてその詩は呉偉業,王士禎に賞せられ,学問は顧炎武,閻若璩らの敬意を受けている。広東をはじめ全土に及ぶ旅行にも《十三経》《廿一史》をたずさえ,著述に努めた。51歳の1679年(康熙18)に行われた博学鴻詞科に挙げられ,翰林院検討として《明史》の編纂に参与し,ついで日講起居注官,江南郷試の副考官を務め,61歳で致仕して著述に専念した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

朱彝尊
しゅいそん
(1629―1709)

中国、明(みん)末清(しん)初の文人、学者。字(あざな)は錫鬯(せきちょう)。号は竹(ちくだ)。16歳で明の滅亡にあい、以後清朝に仕えず、在野の学者、詩人として名が高かったが、康煕帝(こうきてい)が知識人懐柔策として博学鴻詞(こうし)科を設けた際、51歳で召しに応じて翰林院(かんりんいん)に入り明史編纂(へんさん)官に任ぜられたことは有名。まもなく官を辞し、以後郷里で著述に専心。『経義(けいぎ)考』300巻その他を著す。詩、文ともに当代一流の名あり、広い学力を駆使した詩は王士禎(おうしてい)と並び称され、詞は南宋(なんそう)を尊び浙西(せっせい)派の祖とされる。『曝書亭(ばくしょてい)集』80巻。編著に『明詩綜(みんしそう)』『詞綜』など。[伊藤虎丸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の朱彝尊の言及

【金石学】より

…宋の石刻の学は,北宋末の趙明誠《金石録》30巻,南宋洪适(こうかつ)の《隷釈》27巻,《隷続》21巻と続く。金文と同様に研究の次の頂点は清代で,顧炎武《金石文字記》6巻,朱彝尊(しゆいそん)《金石文字跋尾》6巻がその口火を切った。 石刻研究は,石刻と歴史文献との差異を考証する方向と,文字を書法,芸術作品として扱う方向に大別される。…

※「朱彝尊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

朱彝尊の関連キーワード明正天皇女歌舞伎エストニア立川市のごみ有料化女歌舞伎後楽園柴又帝釈天朱彝尊崇福寺湛海

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone