筆記(読み)ヒッキ

デジタル大辞泉の解説

ひっ‐き【筆記】

[名](スル)書き記すこと。書き取ること。また、書かれたもの。「講義を筆記する」「口述筆記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひっき【筆記】

( 名 ) スル
書き記すこと。文字に書きとめること。また、その書かれたもの。 「講演内容を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひっ‐き【筆記】

〘名〙
① (━する) 書き記すこと。書きとること。また、その記したもの。記事。
※慶長見聞集(1614)二「夫より互に筆記を取かはす事数通に及べり」
思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉三「其裁判筆記の出た新聞」 〔南斉書‐文学・丘巨源伝〕
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉一〇「何ぞや唯(たった)三年の課程を踏むで、幾冊の筆記を拵へて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の筆記の言及

【速記】より

…演説,談話などを聞きながらこれをなんらかの方法で書きとどめ,のちにそれを普通文字に書き直す活動。一般には話しことばの逐語的文字化という点で普通の〈筆記〉と区別され,法規の条文にもとくに〈議事は,速記法によってこれを速記する〉(衆議院規則第201条),〈裁判所速記官その他の速記者にこれを速記させ〉(刑事訴訟規則第40条)などと書かれている。速記の手段となる速記方式は,通常〈特殊の人工的記号(速字)の体系〉であり,すべての語が簡略に書き表せるようになっている。…

※「筆記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

筆記の関連情報