コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

試味売買(読み)しみばいばい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

試味売買
しみばいばい

目的物を買主が実際に試験したうえで気に入ったら買うという売買試験売買ともいう。この種の売買は,買主が気に入ることを停止条件とするのが一般であるが,買主が売買完結権を有する売買の一方的予約の一態様にすぎないとする見解もある。いずれにせよ,売主の催告権が認められる (民法 556条2項の適用または類推適用による) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の試味売買の言及

【売買】より

…売主が見本と同一の品質・性質を備えた物を給付する義務を負う点に特色がある(〈瑕疵(かし)担保責任〉の項を参照)。(2)試味売買 買主が目的物を試用して気に入ったら買うという売買をいう。どの時点までに買うことについての諾否の返答をすると解すべきかが,この種の売買で問題になるが,民法556条2項を類推して,相当の期間内に返答をなすよう催告してその期間内に返答がないときには売買が成立しないと解されている。…

※「試味売買」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android