コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詫磨俊賀 たくま・しゅんが

1件 の用語解説(詫磨俊賀の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

詫磨俊賀

生年:生没年不詳
鎌倉前期に活躍した画家。俊賀法橋と呼ばれた。画作の記録に,建仁1(1201)年「唐本」(おそらく中国絵画)の図像により「善財善知識曼荼羅」を描き,嘉禄1(1225)年高山寺羅漢堂のために「唐本」の図像により「十六羅漢像」を,寛喜4(1232)年高山寺三重宝塔に「華厳善財善知識図」を描いた。事歴は明恵上人のいた高山寺関係が中心で,華厳経に基づいた舶載(輸入)の図像による制作という新潮流を担った。他に建保3(1215)年の「阿弥陀像」,寛喜3年の「真言八祖像」(神護寺蔵)などが知られている。<参考文献>平田寛「宅磨派における伝統性」(『国華』1085号)

(救仁郷秀明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

詫磨俊賀の関連キーワード宅磨澄賀後京極良経円派豪信定慶成忍ビゼウ幸田露伴(こうだ・ろはん)狩野征信俊賀

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone