コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詫磨時秀 たくま ときひで

1件 の用語解説(詫磨時秀の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

詫磨時秀 たくま-ときひで

?-? 鎌倉時代の武士。
詫磨能秀(よしひで)の長男。弘長(こうちょう)2年(1262)父より肥後(熊本県)託麻郡神蔵荘(かみくらのしょう)の地頭下司職と木部(きべ)・鳥栖(とりのす)の知行をゆずられた。弘安(こうあん)4年の蒙古襲来の際の戦功により筑前(ちくぜん)(福岡県)志登社地頭職をあたえられた。通称は別当次郎。法名は寂尊。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

詫磨時秀の関連キーワード佐々木善住詫磨顕秀詫磨能秀詫磨頼秀長尾景煕深堀能仲村山義信湯浅宗良好嶋盛隆吉見義世

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone