コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詫磨時秀 たくま ときひで

1件 の用語解説(詫磨時秀の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

詫磨時秀 たくま-ときひで

?-? 鎌倉時代の武士。
詫磨能秀(よしひで)の長男。弘長(こうちょう)2年(1262)父より肥後(熊本県)託麻郡神蔵荘(かみくらのしょう)の地頭下司職と木部(きべ)・鳥栖(とりのす)の知行をゆずられた。弘安(こうあん)4年の蒙古襲来の際の戦功により筑前(ちくぜん)(福岡県)志登社地頭職をあたえられた。通称は別当次郎。法名は寂尊。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone