コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詫磨時秀 たくま ときひで

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

詫磨時秀 たくま-ときひで

?-? 鎌倉時代の武士。
詫磨能秀(よしひで)の長男。弘長(こうちょう)2年(1262)父より肥後(熊本県)託麻郡神蔵荘(かみくらのしょう)の地頭下司職と木部(きべ)・鳥栖(とりのす)の知行をゆずられた。弘安(こうあん)4年の蒙古襲来の際の戦功により筑前(ちくぜん)(福岡県)志登社地頭職をあたえられた。通称は別当次郎。法名は寂尊。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

詫磨時秀の関連キーワード詫磨頼秀詫磨能秀少弐景資

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android