コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詫磨頼秀 たくま よりひで

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

詫磨頼秀 たくま-よりひで

?-? 鎌倉時代の武士。
詫磨時秀の長男。弘安(こうあん)の役(1281)で戦功をたてた。父から肥後(熊本県)託麻郡神蔵荘(かみくらのしょう)の地頭下司職,筑前(ちくぜん)(福岡県)志登社地頭職をついだ。通称は別当太郎。法名は寂意。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

詫磨頼秀の関連キーワード詫磨時秀鎌倉時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android