コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詫磨頼秀 たくま よりひで

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

詫磨頼秀 たくま-よりひで

?-? 鎌倉時代の武士。
詫磨時秀の長男。弘安(こうあん)の役(1281)で戦功をたてた。父から肥後(熊本県)託麻郡神蔵荘(かみくらのしょう)の地頭下司職,筑前(ちくぜん)(福岡県)志登社地頭職をついだ。通称は別当太郎。法名は寂意。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

詫磨頼秀の関連キーワード詫磨時秀鎌倉時代

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android