コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

誓願房正定 せいがんぼう せいじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

誓願房正定 せいがんぼう-せいじょう

?-? 鎌倉時代の僧。
真言宗。越前(えちぜん)(福井県)豊原寺。文永7年(1270)「受法用心集」をあらわして真言宗邪教とされた立川流を攻撃した。本書により立川流が文観(もんかん)(弘真)の大成以前にほぼ成立していたことがわかる。著作はほかに「耳提記」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

誓願房正定

生年:生没年不詳
鎌倉中期の真言宗の僧。越前国(福井県)豊原寺の僧。建長3(1251)年の春,上洛の際に京都五条坊門地蔵堂において邪教の行者に会い,邪教の教相事相を受ける。その後,文永7(1270)年に『受法用心集』を著して,立川流を糾弾する。『受法用心集』は,南北朝時代の高野山の学僧宥快の著した『宝鏡鈔』以前に立川流を攻撃した書として注目に値するだけでなく,その具体性から立川流を知るには必読の書ともいえよう。さらに,文永年間(1264~75)にはすでに邪流が教義事相を完備していたことや,立川流の名称が用いられていたこと,立川流が文観以前に大成されていたことなどを明らかにしている。<参考文献>守山聖真『立川邪教とその社会的背景の研究』

(井野上眞弓)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

誓願房正定の関連キーワード鎌倉時代

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android