コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

邪教 ジャキョウ

デジタル大辞泉の解説

じゃ‐きょう〔‐ケウ〕【邪教】

誤ったえを説き、人を悪へ導く宗教邪宗

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゃきょう【邪教】

人心を惑わし、世の中を乱すような宗教。邪宗。
他の宗教を非難するとき、あるいは統治者が特定の宗教を弾圧する際にも用いられる語。 「淫祠いんし-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の邪教の言及

【淫祠邪教】より

…淫祠のなかには,たとえば南朝の項羽神のように,広範な民衆の信仰を得たために,陳の時代には国家に享祀されたという場合もあるが,多くは国家や地方官の禁圧に遭い,盛衰を繰り返した。 また南北朝・隋・唐時代には,仏教がしばしば邪教とみなされ,淫祠と同様,国家の禁圧の対象となることがあった。三武一宗の法難といわれる,北魏の太武帝,北周の武帝,唐の武宗,五代後周の世宗による廃仏事件がそれである。…

※「邪教」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

邪教の関連キーワード親鸞(丹羽文雄の小説)コンキスタドールハルメノプロス正法に奇特無し治安管理処罰法甲午農民戦争キリシタン水原 堯栄白蓮教の乱大塩平八郎誓願房正定玄旨帰命壇紅卍字会風俗通義今北洪川辛酉の獄島村光津蓮華往生蓮門教一神教

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

邪教の関連情報