コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

誘導行政 ゆうどうぎょうせい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

誘導行政
ゆうどうぎょうせい

望ましい方向に行政対象の行動を導いていくスタイルの行政活動。許認可行政給付行政とも重なり合うが,政策実施の手段だけでなく,望ましい政策の目的やビジョンの作成立案在り方も含む用語である。日本の経済・産業政策は,誘導行政の好例である。経済計画や産業ビジョンの立案過程では,各界からの参加者が審議会での政府案の検討・作成に携わるが,この過程を通じて参加者間に緩やかな合意がもたされる。そしてその実施段階では,強制的な手段を用いることなく,政策融資や税制上の優遇措置などの支援的手段により誘導するというわけである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android