コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

誘発分娩 ユウハツブンベン

大辞林 第三版の解説

ゆうはつぶんべん【誘発分娩】

陣痛促進剤を用いて陣痛を人工的に誘発し分娩すること。胎児の状態が悪く、早期に分娩する必要のある場合や、微弱陣痛・過期妊娠などに対処するための医療的適応と、妊婦・家族・医療機関の都合に合わせるための社会的適応とに分けられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

誘発分娩の関連キーワード陣痛促進剤社会的適応微弱陣痛医療機関自然分娩都合胎児早期妊婦

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android