誘発分娩(読み)ユウハツブンベン

大辞林 第三版の解説

ゆうはつぶんべん【誘発分娩】

陣痛促進剤を用いて陣痛を人工的に誘発し分娩すること。胎児の状態が悪く、早期に分娩する必要のある場合や、微弱陣痛・過期妊娠などに対処するための医療的適応と、妊婦・家族・医療機関の都合に合わせるための社会的適応とに分けられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

誘発分娩の関連情報