語手(読み)かたりて

精選版 日本国語大辞典の解説

かたり‐て【語手】

〘名〙
① 浄瑠璃など、語り物を語る人。〔文明本節用集(室町中)〕
※寒川入道筆記(1613頃)愚痴文盲者口状之事「さてさてききてとかたりてと似合たる事の」
② 語ることの上手な人。
③ 劇などの進行の途中で、筋の運びを話す人。ナレーター。
④ (一般的に)話をする人。
※遙拝隊長(1950)〈井伏鱒二〉「この語り手の上田元曹長はマレー戦線では上等兵として岡崎悠一の特殊小隊にゐた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android