コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寒川入道筆記 さむかわにゅうどうひっき

1件 の用語解説(寒川入道筆記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さむかわにゅうどうひっき【寒川入道筆記】

噺本。作者不明。1613年(慶長18)成立。写本,1巻。江戸時代に流行した小咄(こばなし)の祖とも言うべきもので,著者は松永貞徳と言われているが確かではない。しかし当時の連歌師の手に成ったものであろう。連歌や狂歌に関する話,種々の短い滑稽話が多く,巻末に〈謎詰(なぞづめ)の事〉と題して,謎解きの問題が100以上並べてある。狂歌や謎は,江戸時代初期に流行したものである。【野田 寿雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

寒川入道筆記の関連キーワードインドシナ難民と神奈川県慶長遣欧使節団蓮華寺池日本スペイン交流400周年サン・ファン・バウティスタ号ロマノフ朝浅野幸長池田輝政顧炎武コックス

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone