コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寒川入道筆記 さむかわにゅうどうひっき

1件 の用語解説(寒川入道筆記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さむかわにゅうどうひっき【寒川入道筆記】

噺本。作者不明。1613年(慶長18)成立。写本,1巻。江戸時代に流行した小咄(こばなし)の祖とも言うべきもので,著者は松永貞徳と言われているが確かではない。しかし当時の連歌師の手に成ったものであろう。連歌や狂歌に関する話,種々の短い滑稽話が多く,巻末に〈謎詰(なぞづめ)の事〉と題して,謎解きの問題が100以上並べてある。狂歌や謎は,江戸時代初期に流行したものである。【野田 寿雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

寒川入道筆記の関連キーワード松木宗澄慶長遣欧使節水経注平治物語慶長金伊丹宗味ウィッカム加藤正次ゴンサロ内藤藤十郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone