コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寒川入道筆記 さむかわにゅうどうひっき

世界大百科事典 第2版の解説

さむかわにゅうどうひっき【寒川入道筆記】

噺本。作者不明。1613年(慶長18)成立。写本,1巻。江戸時代に流行した小咄(こばなし)の祖とも言うべきもので,著者は松永貞徳と言われているが確かではない。しかし当時の連歌師の手に成ったものであろう。連歌や狂歌に関する話,種々の短い滑稽話が多く,巻末に〈謎詰(なぞづめ)の事〉と題して,謎解きの問題が100以上並べてある。狂歌や謎は,江戸時代初期に流行したものである。【野田 寿雄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

寒川入道筆記の関連キーワード斗柄