コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

読書敏求記 どくしょびんきゅうきDú shū mǐn qiú jì

1件 の用語解説(読書敏求記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

どくしょびんきゅうき【読書敏求記 Dú shū mǐn qiú jì】

中国,清代の銭曾(1629‐1701)の著した書誌学書。4巻。銭曾は,字は遵王,也是翁と号した。江蘇省常熟の人。蔵書家として知られた。書庫の名を〈述古堂〉ならびに〈也是園〉と呼ぶ。《述古堂書目》《也是園書目》は,それぞれそこに収められた蔵書の目録だが,そのうちとくに貴重な本について手ずから書いた覚えが,のち集められてこの書物となった。印刷物もしくは書写物としての巧拙を問題にすることがあるのはこの書物の特徴であるとされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

読書敏求記の関連キーワード明正天皇女歌舞伎湛海北欧美術浅野長矩キッド浅野長矩浅野長矩フェリペ[5世]浅野長矩

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone