巧拙(読み)こうせつ

精選版 日本国語大辞典「巧拙」の解説

こう‐せつ カウ‥【巧拙】

〘名〙 たくみなことと、へたなこと。上手(じょうず)と下手(へた)工拙
※蔗軒日録‐文明一八年(1486)九月二四日「賛曰、我今毎日作讚説、信口都不唯願病苦一時除
※良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉前「作の巧拙は僕には判らないが」 〔荀子‐議兵〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「巧拙」の解説

こう‐せつ〔カウ‐〕【巧拙】

たくみなことと、つたないこと。じょうずとへた。「作品の巧拙を問わない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「巧拙」の解説

【巧拙】こう(かう)せつ

上手下手。魏・文帝〔典論論文曲度均(ひと)しと雖も、奏檢を同じうするも、氣を引くこと齊(ひと)しからず、巧拙素(生まれつき)るに至りては、に在りと雖も、以て子弟に移すことはず。

字通「巧」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android