尾崎(読み)おざき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尾崎
おざき

大阪府南西部,阪南市北部の集落。旧町名。大阪湾にのぞみ,江戸時代商港として栄え,紋羽 (もんぱ) の産地でもあった。現在は紡織工業が発達し,泉州紡織工業地域の一中心地。

尾崎
おざき

岩手県南東部,釜石湾南岸を東に突出した尾崎半島の先端部。両側に海食崖が発達し,半島中央部に尾崎神社,先端に「陸中尾崎灯台」がある。豪華な海上渡御が行われる尾崎神社の秋の例祭は有名。尾崎灯台は無人灯台

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ポスティングシステム

《「入札制度」の意》日本の球団に所属するプロ野球選手が、米国メジャーリーグへ移籍するための制度の一。所属球団の許可を得た選手のみが対象となる。所属球団は2000万ドルを上限に譲渡金を設定し、獲得を望む...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尾崎の関連情報