コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

読(み)込む ヨミコム

デジタル大辞泉の解説

よみ‐こ・む【読(み)込む】

[動マ五(四)]
よく読んで自分のものとする。「史料を―・んで書いた論文」
(ふつう「詠み込む」と書く)詩歌などに物・土地の名などを入れて詠む。詠み入れる。「名所を―・んだ歌」
コンピューターで、補助記憶装置にあるデータを本体のメモリー上に移し入れる。読み出す。「ディスクのデータを―・む」⇔書き込む

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android