コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

書(き)込む カキコム

デジタル大辞泉の解説

かき‐こ・む【書(き)込む】

[動マ五(四)]
文章の行間や余白に字などを書き加える。書き入れる。「欄外に注を―・む」
定められた場所に文字や文を書いて入れる。記入する。「申込書に名前を―・む」
すみずみまで目を届かせて書く。「時代背景もよく―・まれている」
コンピューターで、メモリー上にあるデータなどを補助記憶装置に移し入れる。「作成したプログラムディスクに―・む」⇔読み込む

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone