誰一人(読み)たれひとり

精選版 日本国語大辞典「誰一人」の解説

たれ【誰】 一人(ひとり)

(下に打消を伴う。後世「だれひとり」とも) だれも。ひとりも。
※滑稽本・八笑(1820‐49)初「あすこのことだから人は黒山のやうに集て見て居るけれど、誰一人取去(とりさゆる)者もねへ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「誰一人」の解説

だれ‐ひとり【誰一人】

[連語]《古くは「たれひとり」とも》だれも。一人も。下に打消しの語を伴って用いる。「当時を知る人は誰一人いない」「誰一人として信じない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android