コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

課税庁

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

課税庁

税金を賦課、徴収する役所の総称。国税、地方税関税など、税金にはさまざまな形態があり、それぞれを統括する課税庁は別々に分かれている。例えば、国税を担当する課税庁は国税庁国税局などであるし、関税の課税庁は税関、税関支所である。国民が直接利用する機会の多い税務署は、国税庁や国税局の指導監督の下に、国税の賦課徴収を行なう執行機関である税務署が存在する。一方、地方税に対応する課税庁は、各都道府県、自治体ごとに設けられており、税務課、都道府県税事務所など様々な機関に分かれている。そのほか、特殊な課税庁として、税金の賦課・徴収には直接係わらずに地方税の調査・企画立案・変更・新規設定などを担う総務省自治税務局がある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

課税庁の関連キーワード更正・決定の期間期限税務行政の適正手続申告納税制度滞納処分税理士

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android