コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軽自動車税 けいじどうしゃぜい

知恵蔵miniの解説

軽自動車税

軽自動車などの所有者に課される市町村税。1958年に創設された。軽自動車のほか、軽トラックなどの貨物車、排気量125 cc以下の小型・原付バイク、125cc超の中型・大型バイク、トラクターフォークリフトなどの小型特殊自動車を対象とし、毎年4月1日現在の所有者に1年分の税金が課される。2013年に発表された14年度の「税制改正大綱」により、15年4月以降に購入した新車については、自家用は現行の1.5倍、事業用は現行の1.25倍に増税される。16年度からは、新車登録から13年以上を経過した軽自動車などに20%高い税金が課せられる。

(2013-12-16)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

百科事典マイペディアの解説

軽自動車税【けいじどうしゃぜい】

軽自動車に対し,主たる定置場所在の市町村(特別区を含む)がその所有者に課す市町村税。1958年創設。税率は年間定額制で,原動機付自転車,軽自動車および小型特殊自動車,二輪小型自動車の種別に定められる。
→関連項目市町村税

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

けいじどうしゃぜい【軽自動車税】

原動機付自転車・軽自動車・小型特殊自動車・二輪の小型自動車に対し所有者に課される市町村税。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

軽自動車税
けいじどうしゃぜい

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の軽自動車税の言及

【自動車関係税】より

…自動車関係税は,(1)直接的に自動車の取得や保有に対して課される税と,(2)自動車の利用にあたって不可欠な燃料に課される税とに大きく区分できる。(1)としては,国税の自動車重量税,都道府県税の自動車税,自動車取得税,市町村税の軽自動車税がある。自動車重量税は道路その他の社会資本の充実の要請を考慮して1971年に創設され,自動車や軽自動車の重量区分に応じた税額を自動車の使用者が納税義務者として払う税である。…

※「軽自動車税」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

軽自動車税の関連キーワード税収、貯金、借金の定義従価税・従量税自動車関係諸税市町村の税金自動車関係税制限税率自動車税財産税地方税

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

軽自動車税の関連情報