コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自動車税 ジドウシャゼイ

5件 の用語解説(自動車税の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じどうしゃ‐ぜい【自動車税】

自動車の保有者に毎年課税される都道府県税

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

自動車税【じどうしゃぜい】

自動車に対し,その主たる定置場所在の都道府県で毎年4月1日を賦課期日として,その所有者に課される道府県税。1940年に制定された。二輪の小型自動車軽自動車,大型・小型の特殊自動車は対象とならない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じどうしゃぜい【自動車税】

自動車の所有の事実に担税力を見いだして,都道府県が自動車の所有者に対して課する普通税(地方税法145~177条)。第2次大戦前から存在していたが,現行の形となったのは1950年である(その後,市町村税として軽自動車税が1958年に分離された)。対象となる自動車は,二輪の小型自動車,軽自動車,大型・小型の特殊自動車を除くすべての自動車である。各年4月1日現在の所有者が納税義務者となるが,年の中途で取得または譲渡・廃車したときには月割計算で課税される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自動車税
じどうしゃぜい

自動車を所有することに対して課される都道府県税(→地方税)の普通税。賦課期日は毎年 4月1日で,自動車の所有者は原則として 5月中の納入義務を負う。乗用車,バス,トラックなどの車種,排気量,積載量,乗車定員,営業用か自家用かの別などによって,標準税率(→制限税率)が規定されている。2002年に,環境負荷の小さい低公害車の税率を軽減し,新車新規登録から一定年数を経過した自動車の税率を加重する特例措置(自動車税のグリーン化特例)が導入された。また,軽自動車の所有に対しては,市町村により軽自動車税が課される。(→自動車関係諸税

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の自動車税の言及

【自動車関係税】より

…自動車関係税は,(1)直接的に自動車の取得や保有に対して課される税と,(2)自動車の利用にあたって不可欠な燃料に課される税とに大きく区分できる。(1)としては,国税の自動車重量税,都道府県税の自動車税,自動車取得税,市町村税の軽自動車税がある。自動車重量税は道路その他の社会資本の充実の要請を考慮して1971年に創設され,自動車や軽自動車の重量区分に応じた税額を自動車の使用者が納税義務者として払う税である。…

※「自動車税」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

自動車税の関連情報