誹毀罪(読み)ヒキザイ

大辞林 第三版の解説

ひきざい【誹毀罪】

旧刑法上の罪名の一。現在の名誉毀損罪に相当。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひき‐ざい【誹毀罪】

〘名〙 旧刑法に規定された罪名。悪事や醜行を公然と摘示して人の名誉を著しく傷つけることによって成立した。現行刑法の名誉毀損罪に相当する。
恋慕ながし(1898)〈小栗風葉〉四「誹毀罪(ヒキザイ)に問うても可い。苟(いやし)くも人民保護の…」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の誹毀罪の言及

【讒謗律】より

…のみならず実際には,このころに急増した新聞の官吏批判を取り締まるために,讒謗罪を規定した4条が発動された事例が少なくなく,しばしば讒謗律と同時に公布された新聞紙条例と対(つい)の,新聞弾圧法とみなされた。80年7月17日旧刑法の制定公布と同時に,同法に吸収(誹毀罪,旧刑法358~359条),廃止された。【内川 芳美】。…

※「誹毀罪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android