罪名(読み)ザイメイ

デジタル大辞泉の解説

ざい‐めい【罪名】

殺人罪・放火罪のように、犯罪の種類を表す名称。
その罪を犯したといううわさ。「罪名をすすぐ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ざいめい【罪名】

犯罪の名称。
罪があるという世間でのうわさ。 「 -をすすぐ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ざい‐めい【罪名】

〘名〙
犯罪名称。殺人放火罪、偽証罪、窃盗罪の類。
※律(718)逸文・雑・和姦無婦女罪名条「凡和姦本条、無婦女罪名者、与男子同、強者婦女不坐」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)続「父順徳が叛逆の罪名(ザイメイ)を削られ」 〔後漢書‐明帝記〕
② 罪があるといううわさ
源平盛衰記(14C前)二「縦ひ八虐の犯ありて五刑の法を行はるるとも、罪名(サイメイ)に及ずして、忽に繋索せられんや」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

罪名の関連情報