コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名誉毀損罪 めいよきそんざい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

名誉毀損罪
めいよきそんざい

公然と事実を摘示して他人の名誉を毀損する罪で,親告罪。刑は3年以下の懲役もしくは禁錮または 50万円以下の罰金。人の価値に対する社会的評価を保護するためのもので,単なる名誉感情の保護を目的とするものではない。事実を摘示することが必要で,その点で,これを必要としない侮辱罪と区別される。たとえ摘示事実が真実であっても,死者の名誉を毀損する場合を除いて本罪が成立する。ただし正当な評論憲法にいう表現の自由の保障するところであるから,厳格な要件のもとで,事実の真実であることが証明されれば罰せられない。なお経済的信用の毀損行為は,信用毀損罪として処罰される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

めいよきそん‐ざい【名誉毀損罪】

具体的なことがらを挙げて、相手の名誉を傷つける罪。挙げたことがらの真偽にかかわらず成立する。ただし、相手が死者・公務員・選挙などの候補者である場合、公共の利害に関する場合、挙げたことがらが真実であれば成立しない。刑法第230条が禁じ、3年以下の懲役もしくは禁錮または50万円以下の罰金に処せられる。
[補説]具体的なことがらを挙げずに侮辱した場合は侮辱罪となる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

名誉毀損罪【めいよきそんざい】

公然事実を摘示して他人の名誉を毀損する罪。刑は3年以下の懲役・禁錮または50万円以下の罰金(刑法230条以下)。死者の名誉を毀損した場合は摘示された事実が虚偽でなければ罰しない。
→関連項目讒謗律信用毀損罪

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の名誉毀損罪の言及

【侮辱罪】より

…本罪の行為は,不特定または多数の人が認識しうる状態で,言語・動作等によって,人に対する侮蔑の意を表示することである。名誉毀損罪と異なり,事実を摘示しない点に特徴がある。したがって,人の身体的欠陥を指摘する場合等も,それが単なる侮蔑の表示と認められれば侮辱罪となり,身体的欠陥をその人の人間的価値に関係させて事実として摘示していると認められる場合には名誉毀損罪となる。…

【名誉毀損】より

…現行刑法は,当初真実の証明による免責をいっさい認めていなかったが,戦後の憲法改正によって表現の自由の保障が強化されたのに伴って,真実証明に関する規定(230条の2)が追加された(1947)。 現行刑法は公然と事実を摘示して人の名誉を毀損した者は,その事実の有無を問わず,3年以下の懲役もしくは禁錮または50万円以下の罰金に処すとしている(名誉毀損罪。230条)。…

※「名誉毀損罪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

名誉毀損罪の関連キーワードインターネット用語リベンジポルノプライバシー刑法改正事業業務妨害罪名誉毀損誹毀罪不敬罪

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

名誉毀損罪の関連情報