コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

誹風末摘花(読み)はいふうすえつむはな

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

誹風末摘花
はいふうすえつむはな

江戸時代中期の川柳集。4編4冊。似実軒酔茶 (にじつけんよいちゃ) 編。安永5 (1776) 年に初編が刊行され,以後天明3 (83) 年,寛政3 (91) 年,享和1 (1801) 年と続刊。『万句合』『柳多留』などのなかからわいせつな句だけを集めたもの。色欲を通じて,庶民の風俗,人情を描いている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はいふうすえつむはな〔ハイフウすゑつむはな〕【誹風末摘花】

川柳集。4編4冊。似実軒酔茶(にじつけんよいちゃ)ほか編。安永5~享和元年(1776~1801)刊。川柳評の万句合(まんくあわせ)などから好色的な句を集めたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はいふうすえつむはな【誹風末摘花】

川柳集。四編四冊。似実軒酔茶じじつけんすいちや編。1776~1801年刊。川柳評万句合などから恋の句を集めたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる