万句合(読み)マンクアワセ

デジタル大辞泉の解説

まんく‐あわせ〔‐あはせ〕【万句合】

《「月並(つきなみ)万句合」の略》雑俳で、選者が課題の前句の刷り物を配布して付句を募集し、勝句(かちく)(高点句)を半紙に印刷して発行したもの。宝暦(1751~1764)から寛政(1789~1801)ころまで行われ、初世川柳(せんりゅう)評の万句合は「誹風柳多留(はいふうやなぎだる)」の底本となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まんくあわせ【万句合】

享保期(1716~1736)以後特に江戸で盛行した雑俳の興行形態の名。一回の興行に一万句前後の応募句があった。また、その興行のたびに勝句(高点句)を印刷し入選者に配った刷り物をもいう。初代川柳の万句合から付句のみを抜いて編んだものが「誹風柳多留」。摺暦すりごよみ万句合。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

まんく‐あわせ ‥あはせ【万句合】

〘名〙 前句付の一つ。選者が課題の前句(一四文字の短句)の刷りものを配布して、一七文字の付句を募集し、そのうちの高点句、すなわち、勝句を美濃判紙に印刷して頒布したもの。印刷の体裁が伊勢暦に似ているので、暦摺(こよみずり)ともいう。宝暦(一七五一‐六四)から天明(一七八一‐八九)にかけて、最も盛んに行なわれ、定時に万句合が興行された。初代川柳評の万句合から前句をのぞき、付句だけを抜粋したものが、「柳多留」である。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の万句合の言及

【万句合興行】より

…俳諧興行が企業化し,興行主催が点者から会所(取次,会林)の手に移り,会所が題や締切日,入花料を記したちらしを配り,句を集めて点者の評を受け,入選句を披露し,多くの場合,高点句を印刷し,景品を添え,加点の詠草を地方の小取次へ返すのが一般的運営形態で,幕末の月並発句合もこれに準じたものである。川柳の場合,この一枚摺りの高点摺り物を〈万句合〉と略称しているが,本来は興行全体をさす言葉である。【鈴木 勝忠】。…

※「万句合」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報