コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

万句合 マンクアワセ

デジタル大辞泉の解説

まんく‐あわせ〔‐あはせ〕【万句合】

《「月並(つきなみ)万句合」の略》雑俳で、選者が課題の前句の刷り物を配布して付句を募集し、勝句(かちく)(高点句)を半紙に印刷して発行したもの。宝暦(1751~1764)から寛政(1789~1801)ころまで行われ、初世川柳(せんりゅう)評の万句合は「誹風柳多留(はいふうやなぎだる)」の底本となった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まんくあわせ【万句合】

享保期(1716~1736)以後特に江戸で盛行した雑俳の興行形態の名。一回の興行に一万句前後の応募句があった。また、その興行のたびに勝句(高点句)を印刷し入選者に配った刷り物をもいう。初代川柳の万句合から付句のみを抜いて編んだものが「誹風柳多留」。摺暦すりごよみ万句合。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の万句合の言及

【万句合興行】より

…俳諧興行が企業化し,興行主催が点者から会所(取次,会林)の手に移り,会所が題や締切日,入花料を記したちらしを配り,句を集めて点者の評を受け,入選句を披露し,多くの場合,高点句を印刷し,景品を添え,加点の詠草を地方の小取次へ返すのが一般的運営形態で,幕末の月並発句合もこれに準じたものである。川柳の場合,この一枚摺りの高点摺り物を〈万句合〉と略称しているが,本来は興行全体をさす言葉である。【鈴木 勝忠】。…

※「万句合」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

万句合の関連キーワード川柳(柄井八右衛門)誹風柳多留拾遺おっかじめる川柳(短詩)呉陵軒可有誹風柳多留誹風末摘花万句合興行手間だうな引っきり江戸っ子小山雨譚やれこれ柄井川柳幅ったいおこしのたる肝煎り会所本末摘花

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android